ご案内

※閲覧不能の場合は「エキサイトブログ・でれでれ草」へ 。ブックマークをお願いしますm(_ _)m
https://derederegusa.exblog.jp/

※拙ブログの画像を勝手に使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、まったく管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


日本のセレブの正体②|コメント欄より、闇のドンと皇族が縁戚という現実

本日もお越しいただきありがとうございます。

コメント欄より

でれでれ草様。本日は、9月15日。

素顔がジャッキー・チェンに似てそうな、フランス訪問中のニセ徳仁さんも気になるのですが、昭和の芸事を含む芸能界と文学界、政財界の黒幕と、福田赳夫元総理の関係。

これらから類推する美術品、倉庫管理業、船舶会社、メンテナンス会社、産廃処理、そして、ちょっと三笠宮(皇族)につながる事。。ここに書かせて下さいませ。

許永中の検索から見つけた記事です。

https://keiryusai.com/archives/4385

ここにある、大物フィクサー:大谷貴義氏
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E8%B0%B7%E8%B2%B4%E7%BE%A9

このWikipediaにもありますが、

福田赳夫元総理とは昵懇の仲だったとの事。

そして、大物フィクサー:大谷貴義氏の長女が、裏千家の三男:巳津彦氏に嫁いでます。

作家:吉川英治氏の紹介、媒酌人を吉川英治夫妻と、福田赳夫夫妻がつとめられた‥‥とあります。

巳津彦氏は、三笠宮容子さんが嫁がれた15世千宗室の叔父様になります。

なので、皇室関係者が、ヤクザの親分の更に親分と親戚と言う事になります。

いろいろ関連を検索してましたら、大谷貴義氏が創業された(株)日美にいろんな裏がありそうで‥‥。

そのモヤモヤをどうやってまとめようか、、と思ってましたら、

ひとつ前に貼り付けた記事の、翌日の続き記事。

これに詳しいです。

https://keiryusai.com/archives/4426

(株)日美のホームページより、会社概要
http://www.nichibi.net/company.html

宝石・美術品取扱いから、中古品取扱い業、清掃業、解体業、産廃処理業をされてます。

 

すみません、連投です。

船舶関係の事を欠いてなかったですね。

(株)日美は、平成16年の会社概要に、

『ビル・船舶の清掃管理請負業、建物ビル設備管理の請負業、特定労働者派遣事業を加える』

とあります。

そのすぐ後、三菱電機サービス系列の、(株)菱・サ と業務提携してます。

(株)菱・サの就職情報を見てみますと、ちゃんと正社員が居て、メンテナンス管理業をしているようですが、、怪しいところは(株)日美が請け負うのかな?

“船舶” と、特にうたっているのが怪しいですね。

 

更についでに、、ですが、見城徹氏のお顔立ちそっくりさん。

出ている名前から、民族がうかがえる気がします。最初は、「そう言えば見城美枝子さんてキャスターがいたなぁ。」からの検索です。

https://sokkuri.net/alike/%E8%A6%8B%E5%9F%8E%E5%BE%B9/%E8%A6%8B%E5%9F%8E%E7%BE%8E%E6%9E%9D%E5%AD%90

 

堤一族の、プリンスホテルの清掃業、元赤軍派にシンパシーしている見城徹が社長の出版社:幻冬舎にも出入りしてます。

「堤 美智子 皇后」の画像検索結果

清掃業はビルや倉庫、船舶に及びます。

内部に入り込んで、いろいろと処理・運搬も出来そうですし、この産廃処理業‥‥、不要な人間の処理もしてそうな、、

そんな妄想を抱いてしまいます。

大谷貴義氏の長女を裏千家に紹介された吉川英治氏、

Wikipediaを改めて紐解くと、大作家ですが、生まれてから、貧しい生活の中、学業も思うように行けず、早くから働き、貧しさから若い時に中国にも渡ってます。

作家になる前ですが。来歴を読むと、何故作家になれたのか不思議です。

「三国志」や「宮本武蔵」等を書ける素養をどこで手に入れたのか。

若い時の写真と、作家になられた時の写真の品位に差がある感じがしますが、肖像写真は、昔もいろいろ手を加えてた事がわかってきてますので、修正写真もたくさんあるのかもしれません。

 

百貨店「そごう」の水島会長さん、以前 “笑っていいとも” で、タモリ氏が「会長にはよくお世話になってて、親しくさせてもらっている。ゴルフクラブももらったりしている」と話してました。

今考えると、タモリ氏も偶然芸能界に出て来たのではなく、そちらのお付き合いから出て来たのですね。

お祖父様、お父様が満州帰りでしたので。お祖父様が満鉄の駅長かなんかでしたね。

出版社:幻冬舎の見城誠氏は、会社を立ち上げる前は角川書店に、その前が廣済堂出版でした。

この 廣済堂出版は、私が検索した感じでは隠れ共産党系のようで、現在は、東京の火葬場を経営と、、葬祭業もしてます。

このグループに入れば、不要な人間は、闇の中に葬り放題な気がします。

エキストラの準備もたやすいでしょう。

 

最後に、三笠宮家から嫁がれた千容子さんの長男の事がWikipediaに載ってましたが、

以前から書かれてましたかね?

茶道の道には入らず、詩人をされてるそうです。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E5%AE%B9%E5%AD%90より、参照。

【翌1984年(昭和59年)に長男・菊地明史(現在はchoriのPNで詩人として活動、2014年苗字を変更)、】

ペンネームが “chori” ですか。。

「チョリーッス」と挨拶する女性芸能人がいましたね。お笑い芸人さんと結婚された。。。

茶道を習ってる身としては、、こちらがショックです。

貼り付け記事が多くてすみません。

満州繋がりに闇が多いのはよく言われてますが、本当に、満州は美味しかったようです。

以上

 

ありがとうございました。

 

ニセモノが天皇に即位?

Sponsored Link
Sponsored Link

関連記事と広告