※人気ブログランキングに参加しています

日本のセレブの正体②|コメント欄より、闇のドンと皇族が縁戚という現実

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

コメント欄より

でれでれ草様。本日は、9月15日。

素顔がジャッキー・チェンに似てそうな、フランス訪問中のニセ徳仁さんも気になるのですが、昭和の芸事を含む芸能界と文学界、政財界の黒幕と、福田赳夫元総理の関係。

これらから類推する美術品、倉庫管理業、船舶会社、メンテナンス会社、産廃処理、そして、ちょっと三笠宮(皇族)につながる事。。ここに書かせて下さいませ。

許永中の検索から見つけた記事です。

https://keiryusai.com/archives/4385

ここにある、大物フィクサー:大谷貴義氏
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E8%B0%B7%E8%B2%B4%E7%BE%A9

このWikipediaにもありますが、

福田赳夫元総理とは昵懇の仲だったとの事。

そして、大物フィクサー:大谷貴義氏の長女が、裏千家の三男:巳津彦氏に嫁いでます。

作家:吉川英治氏の紹介、媒酌人を吉川英治夫妻と、福田赳夫夫妻がつとめられた‥‥とあります。

巳津彦氏は、三笠宮容子さんが嫁がれた15世千宗室の叔父様になります。

なので、皇室関係者が、ヤクザの親分の更に親分と親戚と言う事になります。

いろいろ関連を検索してましたら、大谷貴義氏が創業された(株)日美にいろんな裏がありそうで‥‥。

そのモヤモヤをどうやってまとめようか、、と思ってましたら、

ひとつ前に貼り付けた記事の、翌日の続き記事。

これに詳しいです。

https://keiryusai.com/archives/4426

(株)日美のホームページより、会社概要
http://www.nichibi.net/company.html

宝石・美術品取扱いから、中古品取扱い業、清掃業、解体業、産廃処理業をされてます。

 

すみません、連投です。

船舶関係の事を欠いてなかったですね。

(株)日美は、平成16年の会社概要に、

『ビル・船舶の清掃管理請負業、建物ビル設備管理の請負業、特定労働者派遣事業を加える』

とあります。

そのすぐ後、三菱電機サービス系列の、(株)菱・サ と業務提携してます。

(株)菱・サの就職情報を見てみますと、ちゃんと正社員が居て、メンテナンス管理業をしているようですが、、怪しいところは(株)日美が請け負うのかな?

“船舶” と、特にうたっているのが怪しいですね。

 

更についでに、、ですが、見城徹氏のお顔立ちそっくりさん。

出ている名前から、民族がうかがえる気がします。最初は、「そう言えば見城美枝子さんてキャスターがいたなぁ。」からの検索です。

https://sokkuri.net/alike/%E8%A6%8B%E5%9F%8E%E5%BE%B9/%E8%A6%8B%E5%9F%8E%E7%BE%8E%E6%9E%9D%E5%AD%90

 

堤一族の、プリンスホテルの清掃業、元赤軍派にシンパシーしている見城徹が社長の出版社:幻冬舎にも出入りしてます。

「堤 美智子 皇后」の画像検索結果

清掃業はビルや倉庫、船舶に及びます。

内部に入り込んで、いろいろと処理・運搬も出来そうですし、この産廃処理業‥‥、不要な人間の処理もしてそうな、、

そんな妄想を抱いてしまいます。

大谷貴義氏の長女を裏千家に紹介された吉川英治氏、

Wikipediaを改めて紐解くと、大作家ですが、生まれてから、貧しい生活の中、学業も思うように行けず、早くから働き、貧しさから若い時に中国にも渡ってます。

作家になる前ですが。来歴を読むと、何故作家になれたのか不思議です。

「三国志」や「宮本武蔵」等を書ける素養をどこで手に入れたのか。

若い時の写真と、作家になられた時の写真の品位に差がある感じがしますが、肖像写真は、昔もいろいろ手を加えてた事がわかってきてますので、修正写真もたくさんあるのかもしれません。

 

百貨店「そごう」の水島会長さん、以前 “笑っていいとも” で、タモリ氏が「会長にはよくお世話になってて、親しくさせてもらっている。ゴルフクラブももらったりしている」と話してました。

今考えると、タモリ氏も偶然芸能界に出て来たのではなく、そちらのお付き合いから出て来たのですね。

お祖父様、お父様が満州帰りでしたので。お祖父様が満鉄の駅長かなんかでしたね。

出版社:幻冬舎の見城誠氏は、会社を立ち上げる前は角川書店に、その前が廣済堂出版でした。

この 廣済堂出版は、私が検索した感じでは隠れ共産党系のようで、現在は、東京の火葬場を経営と、、葬祭業もしてます。

このグループに入れば、不要な人間は、闇の中に葬り放題な気がします。

エキストラの準備もたやすいでしょう。

 

最後に、三笠宮家から嫁がれた千容子さんの長男の事がWikipediaに載ってましたが、

以前から書かれてましたかね?

茶道の道には入らず、詩人をされてるそうです。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E5%AE%B9%E5%AD%90より、参照。

【翌1984年(昭和59年)に長男・菊地明史(現在はchoriのPNで詩人として活動、2014年苗字を変更)、】

ペンネームが “chori” ですか。。

「チョリーッス」と挨拶する女性芸能人がいましたね。お笑い芸人さんと結婚された。。。

茶道を習ってる身としては、、こちらがショックです。

貼り付け記事が多くてすみません。

満州繋がりに闇が多いのはよく言われてますが、本当に、満州は美味しかったようです。

以上

 

ありがとうございました。

 

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

14 件のコメント

  • こんにちは。
    以前よりずっと記事を拝読しておりました。
    自分が現実に知っている人物の名があがったのではじめてコメントさせていただきます。
    わたしは京都の芸大を出て市内で働いていたことがあり、裏千家ご宗家の長男さんや長女さんを実際に知っています。
    長女さんとはあるバーで何度も一緒になったことがあるのですが、さっぱりした(気が強めの)よくいるお嬢さまという感じの方。
    長男さんも何度かお会いしたことあるのですが、こちらの方は気弱で真面目で、それが過ぎて精神的に病んでしまったような方(実際治療しておられたかもしれません)です。
    自分の生まれなどについておおきく悩んでいるような雰囲気があり(それを自身で皮肉ったりするのでいろいろ もしかしたらあえてchoriなんて名前なのかも?)、それはある意味まともな感覚をもっているからこそだったのかなといまになって思ったりもします。
    家督はしっかりしていると評判の次男さんへと決まっていると数年前(改名前)に本人から聞いたことがあります。自分はどこの誰とも知らない苗字をあたえられて存在を隠されるんだと、でも自分が死んで葬式があればきっとすごい人たちが来るんだろうというようなことを皮肉っぽく言っていました。
    大きな家に生まれた悩みみたいなものと思っていましたが(そういう子はほかにも周りにいたので 彼がただ弱いだけだという印象でしたが)それだけではなくいろいろ自分の家の汚い部分?などに気づき悩んでいたのか?などと今になって思いました。

  • でれでれ草 さま

    吉川英治氏の自叙伝で「忘れ残りの記」というのがありまして、私は氏の作品の中で一番好きです。が、三国志や宮本武蔵と全然違う印象があります。
    違う人が書いてないよね?です。

    タモリを世に出した赤塚不二夫氏も、満州からの引揚者ですね。そして、吉川英治記念館も赤塚不二夫記念館も何故か東京都青梅市にあります。皇族の着物を展示してある記念館?も、青梅市にあったような…

    • >違う人が書いてないよね?です。
      どうでしょうね。文体は書いているうちにかわりますので、何とも言えませんが、若いころに有名な賞をとった作家さんの作品を立ち読みしたことがありますが、ああ、別人が書いているな、とおもったことがありました。
      吉川氏がどうかはわかりませんが、作家や作曲家、アーティストはある程度著名になると屋号化するようですね。

  • さきほど匿名でコメント書かせていただいた者です。
    こちらの記事と少し関係ないことかもしれませんが、以前から思っていたことを書かせてください。
    皇室ものっとりがすすんでいるわけですが、日本の伝統文化なども同じ現状です。
    私の父はとある伝統文化に携わっているのですが、その分野でも在日やあちらの方と思われる人たちに(内部から)どんどん侵食されています。やはりおかしい人が多いので、そのせいでまともな人が去っていき結局のこるのが在日やそういう人たちです。
    子どもの頃から親の職業もあって着物やその他日本の伝統文化に触れる機会が多かったのですが、呉服業界も呉服店や大手着付け教室はじめ販売大手や職人さんはあちらの人(日本人でない、もしくは部○など)が多いです。
    もともとおうちの家業でというのでなく入ってくる若い人たちも、なんていうか、印象としてそういう人たちは普通の日本人より日本の伝統とか文化に興味を示す率が高い気がして以前より(日本人を騙っているけど絶対に違うだろうと思う人たちがあまりに多いことが)不思議でした。もしかするとそれは乗っ取りや文化の破壊も考えてのことなのかと今は思います。
    武道も剣道や柔道だけでなく弓道や居合道などもそういう内部破壊がすすんでいる印象です。
    武道はおかしな人が多いという印象でしたがそれも日本人じゃない人たちがそういうイメージをつくっている気がします。
    あと伝統芸能として、歌舞伎よりお堅いイメージの能楽ですが、最大流派である観世流では、現在のご宗家が再婚したお相手がたぶんあちらの方(博多のクラブママかなにか)で、連れ子がおりますが その父親はヤ○ザさんらしく、完全に血は日本人でないと思います。そういう人が次期宗家を継げる立場にいます。
    あといまふと思い出しましたがほかの前のご宗家(故人)や、別の伝統芸能の偉い方(おなじく故人)で、どちらも以前バブル期に赤坂プリンスに部屋を持っていたという話を聞いたことがあるのを思い出しました。そのときは高級ホテル=赤坂プリンスで、ああえらい儲けてはるんやなくらいにしか思っていませんでしたが、プリンスホテルですね。。。どちらも人間国宝の方です。
    とりとめなくすみません。失礼しました。

    • 伝統芸能は、どこも、このまま汚染が広がって亡びるか、脱皮して生き残るか、の岐路にありそうですね。

  • 裏千家をご存じという匿名様のコメントを拝見致しまして、思い出した梨園役者がいます。
    その役者は若手で女きょうだいがおり、その女きょうだいの性格がきつく役者本人は怯えてると言いますか、常に相手の顔色を伺っている印象です。
    あまりにも可哀想と思ったことがありますので、役者の名前は伏せますね。それぞれのきょうだいの性格は、親の起こした事が原因の一つではありますが(芸能ニュースにもなりました)、役者某は学校でずっと虐められていたそうです。
    歌舞伎役者の子供が学校で虐められる話は珍しくありませんが、某は中学生の頃、学校の不良グループに目をつけられて「(金持ちの子供なんだから)覚○剤買えよ!」と脅されていたそうです。これは当時、某の父親が役者仲間に話したことで、梨園でも知っている人は本人と家族と一部の役者一握りです。
    その父親である先代はもう他界しています。

    某が通っていた中学は私立ですので芸能人の子供が多い反面、ヤクザの子供も多いと言われている学校です。
    学校で酷い虐めを受け、家に帰れば家庭内のゴタゴタで某の精神面が壊れちゃったんでしょうね、家庭内暴力化してしまったそうです。暴力と言っても家族に手を挙げる、傷付けるのでなく家の中のモノを破壊する行為、某本人もあの時はそうだったと認めています。当時は先代も相当悩んでいる様子でした。
    現在某は先代のあとを継ぎ、結婚もしています。
    そして、伝統芸能歌舞伎役者とは思えない思いたくないパリピ・ウェーイ系先輩役者に必死に付いていっている某の姿が痛々しく思えますが。

    某はおそらく、裏千家の長男のような性格だと思います。
    某も裏千家長男も親が頭の上がらない御贔屓筋や関係者への表向きの対応と、裏でのそうじゃない一面、幼い頃から当然見ていますからね(当たり前ですが、一般から入ったスタッフですらそれを目の当たりにします)。
    不安の方が勝ってしまう、気の優しい人間なのでしょう。むやみやたらと素晴らしいやらご立派等と押し付けてくる無責任な圧力は、気の弱い性格の本人にとってはどれほど苦痛か。
    内部を知っていれば、無責任なアゲアゲは出来ませんよ。

    逆に、親の名前・立場を利用して自分のやりたい放題ワガママし放題の子供もいますよね。有名人の子供あるあるです。
    裏では、そんなやりたい放題ワガママ放題の役者に、同種同族の女性が嫁いでればそりゃもう、、、。

    • >某が通っていた中学は私立ですので芸能人の子供が多い反面、ヤクザの子供も多いと言われている学校です。
      裏の世界も表の世界もなく、ただ、お金を持っている家があつまってくるので、そうなっちゃうんでしょうね。
      森本首相や黒田日銀総裁や、某大女優など、要人の御子さんが覚せい剤にはまる方が多いようですが、理由がわかる気がします。

  • 裏千家の茶道を離れたご長男、、千家の習わしとして、
    「千家」を名乗れなくなるのだそうです。
    (江戸の昔からか‥‥は、わかりませんでした。)

    ①裏千家・淡交タイムズ2015年2月号にて、ご長男が音楽に傾倒されてた事と、菊地姓になるご案内。
    https://blog.goo.ne.jp/taizowind/e/ea89d403003797e3d2b6b1d3b1486314

    ②三千家(表千家、裏千家、武者小路千家)では、長男が家元を継ぐと次男以下は苗字を替え、千家を名乗ることはしない。(知恵袋の解答欄より。)
    『例としては裏千家千玄室大宗匠の弟、納屋嘉治氏。表千家14代家元の弟、左海祥二郎氏。裏千家16代家元の弟、伊住政和氏。』
    『納屋宗匠、伊住宗匠、左海宗匠など、苗字はいずれも千利休ゆかりの地名などから取られています。
    で、一般に苗字をあらたに作る(戸籍を作りかえる)などありえない話で、千家でも役所への届出と交渉は大変だったみたいです。 』
    https://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q1048222620

    ③裏千家・現 家元の弟、伊住政和(いずみまさかず)氏(故人)について。
    『長男(兄)の息子が幼児を終えた段階を機に、
    (→容子さんがお産みになられた長男・明史さんかな?)
    一子相伝の家元制度の中で次男が「千」の苗字を抱えていることは家元制によろしからぬ、、と云う事で、「千」家から形式上独立し初代「伊住」を起す。』
    『兄が家元を継いだ後、役目を終えたように他界した。』
     2003年2月、44歳、腎不全(癌)の為。
    https://mikangohan.exblog.jp/4505949/

    この3番目の 伊住政和(いずみまさかず)氏 、
    の記述から、
    「わかっていてもナイーブな問題」を含んでいるようですね。

    納屋(なや)は、「納屋衆(倉庫業)」から、
    伊住(いずみ)は、大阪の和泉から、
    左海(さかい)は、大阪の堺 から、、
    と思われますが、
    菊地(きくち)は、どこからでしょう。。。
    “菊池” 姓は、元々藤原氏の名前のひとつらしいのですが、肥後の菊池氏が有名です。
    菊池氏は戦国時代に大友氏に滅ぼされ、
    その際に肥後国から逃れた一族が、各地に移住し「菊地」を称するようになったらしい、、です。
    西日本では愛媛県に多い姓との事。(菊池 姓)
    東北・関東では「菊地」と“地”に変わる。

    旧家ですので、
    言霊や変えた苗字の読みに込めた意味があると思います。
    匿名様のコメントにありますナイーブな青年には
    つらい事も多かったでしょうね。

    財産の流出も防ぐのでしょうけれど、
    苗字を変えた方々、またそのお子様達は、
    千家の家系図から消されてしまうのかしら。

    かつては、古い家業のお家では、弟さんを家から出さず、
    かと言って嫁ももらわず(家業手伝いなので給料が微妙だったり)、飼い殺し的に年齢を重ねて行った方達、多かったですね。 今の70代以上の方に多かったです。
    田舎では、60歳前後の、そう言う方もいらっしゃいます。

    お茶の宗匠にならなかった容子様のご長男さん、
    苗字を変えて、その後の収入を得る道は‥‥。
    (パラサイト?)
    なんとなく、、会社に勤めるとか、、
    ごく普通の一般人にはさせない雰囲気ですね。

    人一倍の修行・修練を積まなければなりませんが、
    「権威業」を継ぐのは生半可ではないようですね。

    でも、、「chori」の意味は?

    • 菊池姓といえば、西郷隆盛が菊池氏の末裔だと名乗っていたと思います。
      朝鮮浮民部落出身の西郷家が、菊池氏の子孫というのは、維新の時の言動をみるに、日本人であることすら無理があると思うし、嘘っぽいのですが。
      南朝の家臣の末であるという、証拠もないらしいですしね。
      講談を聞きかじって、うちがそれだといいなあ⇒うちがそれだ、に飛躍して、代々信じていたのだと思うんですが。

      「chori」、、、、
      日本語ぽくないですね。
      もしかして、母上は??

  • 許永中って、戦後最大のフィクサーって呼ばれてる人物ですよねー、イトマン事件とかの。
    在日韓国人ですよね、この人。
    前に何かのテレビ番組で出演してるのを見た事があります
    服などは質が良い生地の高価そうなスーツを着ていて、へー金持ってるなって感じでしたが
    マトモそうな人物ではないカンジでした
    金、金、カネ、でお金のことばかり言ってましたね
    絵画は本物だった、偽物じゃないんだから自分は悪くない、って自己弁護してて
    何が悪いのか、自分は間違ってないっていう、何で人から責められるのか分からない、って顔でした
    こういう人って一生どうやっても何が悪いのかって一般常識を理解しないんでしょうね
    つか、↑この写真の若い時は太っていて、思いっきり童貞顔ですねw
    モテなかったから暴走したのかな?w

    • 日本で起訴されて有罪になったものの、自分は、韓国籍なので韓国で服役したいといって、韓国の刑務所に収監してもらったそうですね。
      そのほうが刑がかるくなると期待していたそうですが、甘かったそうです。
      けっきょく前科があるので、にどと日本に入国できなくなり、「自分は大阪の人間だから、大阪に帰りたい」と言っているとか。
      不思議な人です。

  • 千家ご長男を知っていると書いた匿名です。
    そういえばブログがあったような?と思いすこし調べました。そこで本人の改名に関する記事を見つけました。
    リンクを貼っていいものかわからないので一部コピペします。
    (choriやそういう系の名前に関することも書いてあって興味深かったのでその部分も…長いです)
    ____________

    結婚でも離婚でも養子縁組でもなく、
    しいて近い言い方をすれば「分家」になるのでしょうか。
    いまのところ、戸籍上、ひとりぼっちです。

    菊地家というのは
    15代千玄室調べによればもともと作州津山藩士の家で学者(儒者?)の家系、
    なんかいろいろ途中で大人の事情があって裏千家とご縁ができたようで、
    さらに16代千宗室調べ(に加えぼく個人調べ)によれば、
    都市伝説として「裏千家では禁書扱い」と、
    まことしやかにささやかれる故・宮尾登美子『松風の家』の主人公たる、
    12代又妙斎の子女・満知(作中では由良子)の夫の
    菊地宗不(作中では武市不秀)の家でありまして、
    彼らの一粒種の菊地了也は茶人にはならず裏千家の事務方でした。
    そして了也には実子がおらず、13代円能斎の次男・武夫を養子として迎え、
    しかしその武夫も太平洋戦争で戦死して、絶えた家です。
    おおよそ70年前。

    なので、大昔でもなく、といって最近でもなく、
    「お家再興やー!」という種類の感慨はまったくありませんが、
    とりあえずほかに選択肢もなく、まして故・伊住宗晃(当代の弟)のように
    「いずみ(利休の出身地たる和泉の国)からとって自分で創作した苗字」を
    つくれるわけでもなく(どうやら、茶道に関係しない人間はそういうことはできないもよう)
    提示された「菊地」とあいなりました。
    ていうか、伊住宗晃、茶名すら本名(政和)と関係ないぞ!掟破りだ!
    (茶化してますけど、明日2月2日、ご命日です。ここはしずかに合掌)

    閑話休題。
    ともあれ、そういったわけで、
    ようやくご報告できますので、ここでおしらせします。

    なお、
    ぼくの下の名前は戸籍上「あきふみ(明史)」のままで変わりませんが、
    個人的に「chori」のまたの名を「キクチ・ミョンサ(菊地明史)」といたします。

    苗字が変わることは家業を継がないと決めた小学生高学年、
    または中学生ごろの時点で覚悟というか認識していたことですが、
    まさか選択肢もなく一択を受け入れるしかないとはおもっておらず、
    もちろんその点はぼくのリサーチ不足による自業自得ではあります。
    すっぱり下の名前まで変えてしまえたなら気分的にさわやかなのですが
    訓みはともかく、字を変えることは現行の状況下ではむずかしいのです。
    ただ、通名としてこれで有名になって十数年~数十年たてば、
    訓みだけでも変えることもすこし容易くなるだろう、という希望的観測です。
    ミョンサというのは、だいぶ昔、韓国人の友だちに
    「おまえの名前、ハングルっぽく訓むと”チョン・ミョンサ”やな」といわれたので
    実際それが正しいかどうかは知りませんがそれでいこうとおもいました。
    別にそれが仮に”ジョニー”ならジョニーでいいや、くらいの勢いです。
    名前は記号です。

    • ありがとうございます。
      なんとなくですが、廃嫡されてしかるべき方だった、という感がありますね。
      部屋住み的な、自由な立場の方が、ご本人にとって、いいのかもしれませんね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。