※閲覧不能の場合は、移転前の「gooブログ・でれでれ草」へ https://blog.goo.ne.jp/derederegusa

※人気ブログランキングに参加しています


保守砲ドカドカ2018年|(後)井沢一派と余命一派

Sponsored Link

(中)からの続きです。

ヘイト世界を支える柱➃在特会

こういうの見ると、日本人っぽくないデモのセンスだなあ、、、と。

オワコンになりました。一時期アイコンだった桜井誠氏は、帰化人でかつ、創価の幹部の女性の甥だそうで、、、

桜井氏「叔母は創価学会の高位にある」
 
桜井氏は、芥川賞作家の村井喜代子氏の甥ではないのか。読者様のご指摘です。
 
右は芥川賞作家の村田喜代子さん。確かに似ています。

結局、しばき隊との喧嘩は、ヘイトスピーチ規制法を通し、朝鮮学校などに、慰謝料や賠償金として大金をながすためのヤラセだったといわれてますね。

 

Sponsored Link



 

 

ヘイト世界を支える柱⑤青林堂

オワコンまでカウントダウン。

「ガロ」など、ディープでコアな漫画雑誌で有名だったのですが、ある時期から、「別の人たち」に背乗りされてしまった出版社。もともとの青林堂の方々は、別の会社を作っているみたいですね。

佐々木弁護士に対して、大量の懲戒請求がおくられたのは、佐々木弁護士が、青林堂のパワハラ問題の訴訟を担当していたから、青林堂から本を出していた余命が、青林堂の意を汲んでやったとも言われています。

裁判がすすめば、余命三年時事日記と青林堂の背景も、相関図も、お金の流れも明らかになるでしょう。

 

ヘイト世界を支える柱⑥政治家・杉田水脈

「杉田水脈 青林堂」の画像検索結果

杉田水脈さんは、幸福のなんちゃらの人らしいんですね。ヘイトな論文が問題になりました。なんで辞任もせず会見もしないんでしょうね。次はないでしょうけどね。

※伏見顕正|杉田水脈の研究

結局、幸福なんちゃら党では、議員をだせないので、保守に成り済ました杉田水脈。まんまと、安倍ちゃんの推薦をもらい、自民の推薦で議員になりました。

 

番外編として、小坪信也さん。

「小坪信也」の画像検索結果

由緒正しい、代々差別と闘ってきた九州の同和系の王子さまだそうな。

亡くなった松本龍、その松本龍の姉か妹かが、九州のヤクザの工藤会の組長にとつぎ「姐さん」をやっているそうで、松本龍うと工藤会の姐さんの甥が、小坪市議といわれてます。めんどくさい系図の人です。

余命騒ぎの当初は、余命支持を打ち出していましたが、さっさと遁走遊ばした御様子。

青林堂で本をだしている、正体不明の井上太郎氏、じゃあの氏、の正体はこの人ではないかと、管理人は推測しています。

ちなみに、櫻井よしこさん、お綺麗な方なんですが、あれだけ、知名度があるのに、議員選にでないというのも、不思議な話です。

気になるのは、この方、自らの出自についてはいっさい語りませんね。日本国籍をもっているんでしょうか。

杉田水脈を安倍ちゃんに紹介した人で、御着物を召されることも多いですね。もしかして、イザーのような立場の人なのかも、と勘ぐってしまいます。

 

ヘイト世界を支える柱⑥保守速報

広告をはがされてしまいましたね。

・保守速報・・・幸福のなんちゃら(はすみ氏、杉田氏)、青林堂(じゃあの、余命三年、)、在日系、

・ニュースUS・・・総連系(辻元の汚職についてスルーし続けた)、

と思われますが、、。

噂通り、幸福のなんちゃらが、後ろについているのなら、まだまだ頑張れそう。あそこはお金があるらしいし、しばらくは、生き残るでしょ。

 

ヘイトの正体

関連画像

しかしながら、半島を罵倒していた①~⑥が、じつは愛国日本人になりすました朝鮮系の人、あるいは在日だったというのが、笑えません。結局、メンバーが在日か朝鮮系のアルバイト、という、街宣右翼と変わらなかったということです。

たとえば在日さんの団体が、日本を罵倒し、正しかろうと間違っていようと、自分たちの利益のために嘘をつきまくり、暴れたり、運動したりするのは、まあ、わかります。自分たちの民族のための運動ですから、ある意味、筋が通っていると思います。

しかし、同朋を罵倒し裏切ってビジネスにつなげるようとする、こういうヘイト系のビジネスは、卑怯すぎて残念ですね。

 

ヘイトと司法

管理人も、余命一派に刑事告発されたりしましたが、今は、余命問題とは、かかわりがなくなりました。

今、余命一派は、大量懲戒請求をしたため、プロの弁護士さんや司法の手の内にあります。このまま、司法の手で、ぎゅーーーっと握りつぶされるでしょう。

そして、日本に密入国して以来、戸籍、作品、ブログ、などを背乗りし奪ってきた馬賊的な一派イザー・ハイノリーズ。

ハイノリーズに関しては、余命の様な形で、司法、警察に巻き込むしか解決方法がないのかもしれませんね。

 

放流

baby release GIF

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link
Sponsored Link

伏見ブログ|井沢満、BB覚醒日記、トド子、ふぶきの部屋の正体

➀「同窓会」井沢満の研究と中国工作員疑惑・・☞最初から一覧

➁高知出身・岡林秀和・バランス工房の謎・・☞最初から一覧

➂復刻・銀蠅トド子とBB覚醒の正体・・☞最初から一覧

 

お願い

※コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※諸事情により、メールアドレスのご記入をお願いすることにしました。ご了承ください。

2 件のコメント

  • でれでれ草さま

    おはようございます。
    櫻井よしこさんはハノイ生まれでしたよね。櫻井さんが生まれる頃、ハノイに日本人のご夫婦が住んでいるなんてことは普通にあることだったのか?と気がかりでした。もしかして、幼いころ海外で育ったために自分が何人なのか悩むことがあり、着物を着て日本人なのだとアピールしているのかな、と思っていましたが、BBやカナダ親父にイザーを見ていると、和アピールが甚だしい方は要注意ですよね。
    また、櫻井さんが記者になったのは『クリスチャン・サイエンス・モニター』紙という新聞ですよね。wikiによるとキリスト教系の新興宗教『クリスチャン・サイエンス』の新聞です。マーク・トウェインが批判したことがある宗教だそうです。
    何だかこの方にも美智子と似たものを感じるときがあるのですが、この方もクリスチャンかな、と思います。それにしても、わざわざこんなマイナーな宗教の新聞社で記者になる日本人女性というのは、当時まだ女性の社会進出が珍しい頃でしたし、妙齢の女性がわざわざそういう宗教色の濃い新聞の記者になるというのは不自然に感じます。
    おっしゃってることはとても納得できることも多いのですが、この方をあまりにほめたたえる人たちがうさんくさくて・・・。
    この方も闇が深そうですね。

  • 櫻井よしこさんのウィキを見たら、香ばしいですね~‼盲点でした。ベトナム戦争時にベトナムにいたって、マクモニーグルかいっwモックンみたいに、何年もちーっとも老けないところも怪しいですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です