≪読者様へ≫

※当ブログは、既得権益に対して、ロックンロールな記事を書いてますので、過去に潰されたhatenaブログのときのように、ブログがアポーンさせられる可能性もあります。お手数ですが、連絡用ブログとツイッターのブックマークをお願いします。

※連絡用ブログ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


美智子さまの真実⑨天皇

小室圭と婚約した眞子様はニセモノ




公開されている写真から、大正天皇ご夫妻には影武者らしき存在が確認できる。影武者制度は、皇統をまもるため有事の時に備えるための制度だったと思われるが、戦後、代理人である影武者たちの暴走が止まらない。
①勝手に活動を行いそれを公務として報道している、➁勝手に影武者が婚約会見を行い皇族の配偶者を決めた、③偽物が愛子さまになりすまして女性天皇になろうとしている。
公開映像、画像などオープンソースを中心に検証しています。


※影武者制度、タブーなど、皇室記事一覧

※最近の皇室記事一覧


Sponsored Link

Sponsored Link

美智子さまの真実⑨天皇に関するもの

※続きです。

天皇に関するもの
wiki

戦後新憲法により,天皇のご存在が「象徴」という,私にとっては不思議な言葉で示された昭和22年(1947年)、私はまだ中学に入ったばかりで、これを理解することは難しく、何となく意味の深そうなその言葉を,ただそのままに受け止めておりました。

御所に上がって50年がたちますが、「象徴」の意味は、今も言葉には表し難く、ただ,陛下が「国の象徴」また「国民統合の象徴」としての在り方を絶えず模索され、そのことをお考えになりつつ、それにふさわしくあろうと努めておられたお姿の中に、常にそれを感じてきたとのみ、答えさせていただきます

「象徴」の意味は、今も言葉には表し難く、、、

「象徴」の意味は、今も言葉には表し難く、、、

「象徴」の意味は、今も言葉には表し難く、、、

「象徴」の意味は、今も言葉には表し難く、、、

f:id:e-vis:20151210183153g:plain

「象徴」の意味は、今も言葉には表し難く、、、

f:id:e-vis:20151210183053j:plain

「象徴」の意味は、今も言葉には表し難く、、、

「象徴」の意味は、今も言葉には表し難く、、、

「象徴」の意味は、今も言葉には表し難く、、、

象徴がどうというまえに、当時の明仁皇太子が、性欲でお妃を選んだ結果、失敗したということはわかったわ。

丸め込まれ、支配され、最後は虐待されるのね。

 

成婚に関するもの
wiki

1955年(昭和30年)- 1956年(昭和31年)頃、東京・銀座の小料理店「井上」2階にて、独身時代の三島由紀夫と“見合い”風の対面をしている(同店女将・井上つる江談。『週刊新潮』2009年(平成21年)4月2日号)。

 

三島由紀夫

>元楯の会メンバー 村上健夫

川戸さんがニコニコ笑いながら、三島さんにとんでもないことを言い掛けました。

「『春の雪』を描いたのは妃殿下にフラれた腹いせって説もありますよ」

三島はこの質問に下を向きます。口をゆがめて黙ります。

「先生、見合いしたんですよね」

「正式のものではない。歌舞伎座で偶然隣り合わせになる形だ」

「先生、断ったの?断られたの?」

「君たちも知っているように、あそこのお母さんはああいう人だから」

三島はいつもの元気はどこへやら、がっくりと肩を落とし頭を垂れて、本当につらそうです。

「あそこのお母さん」が「ああいう人」なことなどメンバーは一人も知るはずがないのに、「君たちも知っているように」とはおかしな枕詞です。

「殿下や妃殿下に会うことあるんでしょう?」

「子供のことで学校に行った時に、このままではいけないと思って声をかけようとして近づいても『あっ、また』とか言って向こうに行ってしまわれる。逃げるのが上手だよ」

と、半分感心するように、今半分は嘆くように語尾を下げて言います。

h ttp://vmugiv.exblog.jp/page/15/

三島さんがお見合いした正田美智子は、ヤンキー美智子のほうだったのかな。

 

wiki

皇室に嫁ぐ際には実家の庭に白樺の苗木を植え、「これを私の身代わりにしてください」と言った。このとき父・正田英三郎から、「天皇陛下と皇太子殿下の御心に沿って生きるように」との言葉を贈られている。

 

 

正田「天皇陛下と皇太子殿下の御心に沿って生きるように」

昭和

天皇「(ナルちゃんを)立派な天皇になるように育てなさい」

美智子さま「立派な人間になるようそだてているのです」

明仁皇太子「あちらの方(美智子さま)の、いいように」

 

平成

明仁天皇「あちらの方(美智子さま)の、いいように」

美智子さまがすべて支配することが、お父様のお言いつけ通り、陛下の御心にそうことのようです。

 

wiki

成婚に際しては作曲家の團伊玖磨が「祝典行進曲」を作曲した。この曲は後に紀宮清子内親王が降嫁する際、皇居から帝国ホテルへ出発する内親王を送るためにも演奏された。

国民から盛大な歓迎と祝福を受けたが、この事に関し2004年(平成16年)の誕生日に次のように発表した。

「私は今でも、昭和34年のご成婚の日のお馬車の列で、沿道の人々から受けた温かい祝福を、感謝とともに思い返すことがよくあります。東宮妃として、あの日、民間から私を受け入れた皇室と、その長い歴史に、傷をつけてはならないという重い責任感とともに、あの同じ日に、私の新しい旅立ちを祝福して見送ってくださった大勢の方々の期待を無にし、私もそこに生を得た庶民の歴史に傷を残してはならないという思いもまた、その後の歳月、私の中に、常にあったと思います」。

結婚の儀当日天皇から授けられた守り刀は、1955年に、刀剣では最初の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された刀工高橋貞次の作。浩宮徳仁親王・礼宮文仁親王の守り刀も彼の作である。

 

明仁さんは、ご成婚パレードで、時間が止まっているのだと思う。

 

家庭・育児に関するもの  wiki

苦しい日々にあっても優しさを忘れず、「殿下にお料理を作って差し上げたい」と希望し、新造の東宮御所奥公室に小さな厨房を設置。後に浩宮徳仁親王、礼宮文仁親王、紀宮清子内親王らの弁当もこの厨房で自ら作ったこともある。

「作ったこともある」=作り続けたわけではない。

朝日新聞記者が撮影した「料理をする美智子様」。記者はもしかして佐伯さんでしょうか。

フルーツをきっているだけのようにみえますが、、、。

雅子さんの、「火のついていないコンロで、ウインター炒め」もたいがいでしたが、、。

※ドス子さまよりお借りしてます。

コンロに火がついていない?

「ぐっはー」弾ける笑顔で「お料理大好き、家庭的な雅子」アピール。

 

wiki

宮中晩餐に関しては食材選びからメニューの選定まで、細心に心を配るという。

 

ルクセンブルク大公ご夫妻来日時の、宮中晩さん会

※雅子様大好き様よりお借りしてます。

美智子さまは白いドレス。

ルクセンブルク大公妃は水色のドレス。

宮妃、内親王も、水色のドレス。

ルクセンブルク大公妃は、ベルギー王の王女であり、姉であり、親類縁者みな王族大貴族ばかり。

敵にまわしては、いけない方。なのに、、、。

 

フィリピン大統領晩餐会

美智子さまが大好きな中国と軍事緊張が高まり、日米同盟を頼ってきたフィリピン。

フィリピン大統領来日時の宮中晩さん会の、歓迎の無さげなあつかいは、犯罪レベル。

・女性皇族はティアラなし。皇后さまが頸椎を痛めているため、ティアラをつけれないため、合わせた形になった。が、テニスを元気良くしているお姿が確認されている。

・盛り花が、ショボイ。キリスト教の一派の葬儀用の供花のよう。

・法事のような地味なグレイのドレス。

 

メコン諸国首脳との会談

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/ca349b8380c6b4c8119cb0d7a7bafe39

反中国を意識した、メコン諸国の首脳さんたちが来日。美智子さまは、仮病をつかってブッチ。実家との関係で、中国さまのお気に召さないことは、一切しない主義みたいね。

気を遣うところが、お料理以外にもあるのではないのかしら。

続きます。

美智子さまの真実⑩子供たち