※閲覧不能の場合は、移転前の「gooブログ・でれでれ草」へ https://blog.goo.ne.jp/derederegusa

【チーム小和田】外務省雅子とご成婚雅子、

Sponsored Link

お越しいただきありがとうございます。

大室で始まった詐欺は、小室で崩れてきましたね。

小室が、何度も秋篠宮邸に行くふりをしていましたし、マスコミも、小室が秋篠宮家を訪問と報道していましたが、結局、結局秋篠宮邸には入ったり出てきた映像がでてきませんでしたね。

ここで、もう一つ、疑惑がでてきました。

秋篠宮邸に、はたして例の偽者の「秋篠宮ご一家」は住んでいるのか、という疑惑です。宮邸を増築してはいますが、公開写真が嘘くさすぎるのがね。

まるで背景と人物が別々に撮られて合成されているかのうような公開写真。よくみると足元に影がないんじゃないですか。そして木漏れ日などのかんけいで、人物に班をつくってもいい構図なのに、、、、。

 

 

Sponsored Link



 

そして小和田雅子。

小和田邸から出勤する雅子、帰宅する雅子が、婚約当時アホほどマスコミにとりあげられていましたが、、

これだけみていると、この人が外務省に出省したり帰宅したりしているかのように見えますが、外務省につとめていた雅子とは別人だった可能性のほうがたかそうですね。

 

ざざっと、はっていきます。

外務省に入った小和田雅子 丸顔、黒目が大きい、大きな一重瞼、八重歯は目立たず、受け口気味で顎先が右へ歪んでいる雅子


 

頭はわるそうですが、いつも機嫌よく笑っている明るい気質のかただったんじゃないでしょうか。今、この人、どうしてるんでしょうね。

 

成婚した雅子 左目だけ二重瞼の雅子、ドラキュラのような歯並び

歯並びが特徴的ですね。

 

口のゆがみが同じですね、身体のゆがみが気にならないのが気になります。仕立てがいいからでしょうか。あるいは、、、

 

身体が歪んでいる雅子

この写真だと身体が歪んでいるのがわかりますね。

 

 

鼻がまっすぐな雅子たち

奥行きのある頭蓋骨をしています。ちょっと莫迦っぽい。

 

耳が高い位置にありますね。

 

この人は耳が比較的低い位置にあります。鼻は袋鼻ではなくまっすぐな鼻筋です。

耳の位置も、鼻も違う雅子の比較 まっすぐな鼻、袋鼻、尖ったアゴ、まっすぐなアゴ、長ぼそい頭蓋骨、丸い頭蓋骨、、、、、いろいろいます

愛子さんも、ダブルの影子が、初等科チーム、中等科チームとそれぞれ複数いましたね。

最初は、愛子さんと金影子だけだとおもったら、ダミー愛子がみつかり、影子もアホほど見つかりました。

美智子も2号チーム、3号チーム、平成大耳チーム、とそれぞれ結構な数がいましたね。学習院の同級生がまるまる、「特殊な家系から選ばれた」工作員チームとおもっていいのかもしれません。

すくなくとも、箱根駅伝スタイルで一人一人繋いでいるわけではなさそうです。

皇族でもなんでもない生まれの雅子も、あるいは、小和田家の面々ももしかして、そうかもしれません。

気になるのが、雅子の妹の双子。

①この3姉妹は左右同じ姉妹だと思うのですが、、、

 

②こちらの双子も左右同じ姉妹だと思うのですが、、、

右の写真の雅子がこの雅子っぽい。

 

➂これも左右同じ姉妹だと思うんですが、、、、

雅子は、おそらくはこの雅子。

 

①②③の双子がすべて、この礼節姉妹につながるのだろうか、、、

ババンこと優美子も途中で変わったんじゃないでしょうか。愛子誕生会見とご婚約のときの優美子は、それぞれ別人にみえますけどね。

 

小和田家も謎が多そうです。

雅子が、御公務ができないのは、やはり、構成員が日本人でないのかもしれません。だから肉声をきかせられないのだと思います。

そして、参内したと報道される皇太子一家、および偽眞子、偽佳子、等の皇族なども、実際には参内しているとは限らないということですね。

贋作のティアラを頭に乗せ参内しているふりをしつつも、2018年の新年宮中参賀の儀には雅子の姿はありません。徳仁はいつもの送迎役の人です。愛子は偽物。実際には、この三人は御所へいってないのでしょう。

車に乗って撮影だけで、じつは参内してない可能性がありますね。

こんな「公務」で1700万の衣装代をせしめる雅子などの偽皇族たち、皇室費を請求する偽皇族たち、、いいかげんにしろ(怒)

 

タレントのように、カメラ目線でカメラに媚びる偽内親王

よくよく考えるとおかしいですね。

カメラ目線を外さない偽佳子さん。

 

おそらくは本物の両内親王

媚びのなさ、自分を囲む人間への興味のなさが、生まれながらに皇族として育った本物の皇族なのかもしれません。

闇の世界に消えてしまった内親王。

日本国民に生誕からずっと大切に見守られてきた内親王が、下品な朝鮮製の偽物と取り換えられてしましました。せめて、イル美ならイル美でいいので位の高い男性の妻としておさまり、屈辱とは縁のない暮らしをされていることを願っております。

 

Sponsored Link
Sponsored Link